未来にきれいな地球を残すために。えらぼう!どんぐりポイント

TOP > 地球温暖化防止に貢献しよう
未来にきれいな地球を残すために えらぼう!どんぐりポイント商品
今、地球のCO2量が増えています
私たちの生活を支えている電気をはじめ、食べ物や洋服など、さまざまなものを作るために石油や石炭などの化石燃料が使われています。その結果、多くのCO2が空気中に排出され、地球温暖化が進んでしまいました。CO2を減らしていくにはどのような取り組みを行えばよいのでしょうか?

Q1 CO2が増えると、地球はどうなるの?

CO2は、地面から放出される熱を吸収する性質を持ちます。CO2が増えると、空気中の熱も増え、地球全体の気温が高くなると言われています。工業の発達や生活様式の変化によって、CO2が大量に排出され、地球が温暖化したと考えられています。

CO2が増えると、大型台風やゲリラ豪雨、きびしい冬の寒さ、豪雪などの異常気象も起こりやすくなるんだって。

地球が温暖化すると・・・

  • 北極の氷がとけ出す

    北極の氷がとけ出したり、うすく割れやすくなったりします。氷がなくなると、ホッキョクグマが食べものをとる場所も減ってしまいます。

  • 台風が強くなる

    海面や地面の温度が上昇すると上昇気流が起こり、雨雲が発生します。これにより、台風が大型化したり、ゲリラ豪雨がたくさん発生すると考えられています。

  • 大雪が降りやすくなる

    北極の氷が溶けて海水が増えたことで、海面からの水蒸気が増え、大雨が降りやすくなると考えられています。

Q2 CO2はどんなものから出ているの?

CO2は、私たちの身近にたくさんあります。自動車から出る排気ガスにも含まれていたり、電気を作るための火力発電で出る煙にもCO2は出ています。また、工業製品の製造工程や、工場から出る廃棄物の焼却もCO2を排出します。

CO2は、製品をつくる過程や、生活の中からも出ているんだね。

車の排気ガス、家電製品の利用、火力電力、工場から出る煙、廃棄物の焼却

今問題になっているのは、ものが燃えるときに出るCO2が多いこと。工場や発電所で化石燃料を燃やしたりするので、空気中のCO2も増えているんだ。このままだと、地球の気温がどんどん高くなってしまうよ。

Q3 CO2を減らすにはどうしたらいいの?

CO2を減らすための取り組みの一つに省エネがあります。企業は、ものづくりの過程で使用するエネルギー(電気や燃料)の量を減らし、私たちは生活の中で、エネルギーの使用量を減らすように工夫します。そのほか、CO2を出しにくい商品を開発したり、商品をリサイクルすることも、CO2を減らす活動です。

例えば…ペットボトルで考えてみると ペットボトルのジュースは、原料をつくるところから運ぶところ、捨てるところなど、さまざまなところでCO2が排出されています。

  • ※ここに書かれているグラム数は、それぞれの過程で排出されるCO2の重さです。
  • ※上記CO2の排出量はイメージです。

それぞれで、省エネをすることで、CO2を減らすことができます。

CO2を減らすには、どこからどれだけCO2が出ているのかを、ちゃんと知ることが重要なんだ。

Q4 どうしても減らせないCO2がある時は?

製造工程を工夫しても減らせないCO2は、カーボン・オフセットという取り組みを利用する方法があります。カーボン・オフセットを利用すれば、他の場所で減らしたCO2や、植林などで森が吸収したCO2で、環境への影響を埋め合わせることができます。 私たちは、ものを買うときにカーボン・オフセットされた商品を選んで、買うだけで地球を温暖化から守ることに貢献できます。

(※)カーボン・オフセットとは

製品を作る時にどうしても出てしまうCO2の量を別の場所で削減したCO2の量の効果で埋め合わせることを「カーボン・オフセット」といいます

簡単に参加できる取り組みの一つに「どんぐりポイント制度」があります。

どんぐりポイント」は、一言でいうと“環境に良い商品”の目印。カーボン・オフセットされた商品に「どんぐりマーク」がつきます。この「どんぐりマーク」にポイントがついたものが「どんぐりポイント」。どんぐりポイント事業とは、集めたポイント数に応じて様々な環境活動を応援できる取り組みです。

どんぐりポイント制度

どんぐりポイントについてもっとくわしく知りたい

TOP